仏壇の供物

お供えの基本 「五供」をたいせつに 仏壇へのお供えというと、

菓子や果 物などの飲食物を思い浮かべがちで す。

しかしお供えはそれだけではなく、

線香をあげたり、花を飾るのもお供え です。

お供えは宗派によって多少の違いが ありますが、

「五供」といって「香」 「花」「灯燭(灯明) 」「浄水」「飲食」 の五つのものをささげるのが基本とさ れています。

これら一つひとつを心を こめて本尊に供えます。

 

「香」は身も心も清浄にする

香とは線香のことです。

仏事のときに使われる抹香(沈香) を用いてもかまいませんが、抹香をたくにはタネ火が必要なため、日常の礼拝では使いがつてのよい線香を使うのが一般的です。

香をたくと、その香りは部屋のすみずみに行き渡ります。

これはすべての人々に差別なく行き渡る仏の慈悲の心をあらわしています。

またその香りによって、供える人の心身が清められるという意味もあります。

 

線香の火は息で吹き消さない

ロウソクに火をつけ、線香にその火を移します。

そのとき線香についた火は息で吹き消さずに、手であおいで消すようにしましょう。

朝の礼拝では普通、線香は3本あげます。

3本というのは、仏と先祖と自分の信心を願うという意味からです。

宗派によっては、1本のところや折って寝かせるところがありますが、心身を清めて合掌する意味合いは同じです。

 

「花」は造花よりも生花を

仏前に花を供えることを供花といいます。

花屋さんには仏花として束にまとめた花が売られていますが、

それにこだわらず、故人の好きだった花や、自分が美しいと感じた花を供えてもかまいません。

ドライフラワーや造花も心をこめてきさげればかまいませんが、できる限り新鮮な生花を用意したほうがよいで花の供え方は、花の正面を礼拝する人に向けるようにします。

これは供花が仏の慈悲をあらわすとされ、礼拝する人は、供花で飾られた本尊に対面することによって、心が清められるという意味があります。

「灯燭」はロウソクをともす

仏壇の明かりとして、ロウソクは欠かせません。

仏壇を明るく照らすだけでなく、明かりには仏が暗い煩悩を捨て去って明るい悟りに至った、その知恵の光をたたえるという意味があります。

ロウソクに火をつけるときは、ライターではなくマッチで火をともし、使ったマッチは専用のカス入れに捨てます。

マッチの燃えカスを香炉に入れるのは作法に反するのでやめましょう。

礼拝がすんだら、必ずロウソクの火の始末をします。

火を消すときは、口で吹かずに手であおいで消します。

安心家族葬

SNSでもご購読できます。