臨海斎場 きちんと見送る斎場

法要の準備

早めに準備を開始する

法要の準備は、

僧侶や参列者のスケジュールを考え、

早めに準備を始めることが大切です。

五七日・七七日

の場合は別として、
一周忌や三回忌など、
時間に余裕がある場合は、
できれば3か月前、
少なくとも1か月前には準備を始めましょう。

しようっきめいにち法要は祥月命日(故人の死去の当月当日)に行うのが原則ですが、
もし日にちをずらす場合は、
必ず命日より前にします。

命日が平日の場合は、
皆が集まりゃすいように、
命日前の土曜日や日曜日にする場合が多いようです。

場所を決める

法要は菩提寺か自宅で行うのが普通です。

菩提寺で行う場合は、
できるだけ施主(法事を行う当主)が直接出向いて、
住職に依頼するようにしましょう。

霊園の法要室で行う場合は、
土・日曜日は混むので、
早めに予約します。

最近はホテルで行うケlスも増えてきました。

ただし、
中にはホテル独自の決まりで焼香が禁止されていたり読経ができない場合もあるので、
事前に確認が必要です。

案内状も早めに

法要の日時と場所が決まったら、
案内状を送ります。

会食や引き物の手配があるので、
返信用のハガキを同封します。

ハガキが返送される時間も考え、
ーか月前には相手に届くよ、
つにしましょう。

七七日(四十九日)や一周忌は親戚のほか知人・友人などたくさん招いて行うのが一般的です。

三回忌以降は家族など身内だけで行う場合が多くなっています。

招く人が少ないようなら、
案内状を出さずに電話で直接伝えてもかまいません。

 

引き物と会食を準備する

法要当日、
参列者へ配る引き物を手配します。

数は1世帯につき1個ずつで、
金額は2干15千円が一般的です。

あまり華美にならず、
お茶やお菓子、
海苔などの実用的なものが多いようです。

なお数が多い場合は、
会場へ届けてもらうように業者に依頼しましょう。

 

品物のかけ紙は黒白か銀色の結び切りの水引で、

表書きは「粗供養」や「志」とします。
法要のあとに僧侶と出席者をもてなすため、

会場と会食の手配も早めにしておきましょう。

臨海斎場 家族葬は何回も経験することじゃないので、

認識する葬儀社ががなくて病院が案内してくれた葬儀をする時は

臨海斎場で葬儀社見積もりを14社以上検討してください。

 

臨海斎場で葬儀を行えば葬儀式場費用を抑えた家族葬が可能です。

 

火葬場とも併設しているので移動費用も削減できます。

臨海斎場は公営斎場で有名なので弔問いただく方も分かりやすいと評判です。

先ずは病院からご遺体を搬送する事が第一です。

ご遺体を一旦ご自宅か安置施設に搬送すれば、

少し落ち着いて葬儀について考える事が出来ます。

当サイトで紹介する葬儀社は、

その時点で納得いかなければ断れる葬儀社です。